メイン

婦人部 活動日誌

2011年5月 1日

被災地へエコバックを届けよう。作成中。

CIMG3796.JPG婦人部では、被災地の婦人の願いを実現するため、「播州織りの手作りエコバック」を作成中です。

被災地の民商の仲間の、心に届くぬくもりを伝えたいと、婦人部長の赤松さん。にっこり。

2009年11月23日

神戸北民商婦人部は、今年第30回目の定期総会を迎えました。11月24日

CIMG5684 婦人部.JPG
北民商の婦人部の活動は活発で、県下でも、会員の部員組織比率90パーセント超え、元気印で頑張っています。今年30周年の定期総会を11月24日に、有馬グランドホテルで開催しました。

 実態調査でも、生活苦・税金の滞納など塗炭の苦しみに業者婦人は直面しています。その中でも、互いに励ましあって、「つぶやきを行動に」と、対話や訪問活動を通じて、婦人部活動を行ってきました。民商の中でも、「婦人部は、元気や。不況もぶっ飛ばす活力がある。」と評されるほど、元気印をアピールし続けています。総会当日は、赤松婦人部長から、「県婦協でも四つの表彰を受けて、今年三十年を迎える婦人部に成長させていただき、感謝感謝です。」と挨拶。日本共産党から県の代表堀内予定候補・金沢神戸市市会議員・新婦人北支部の稲波支部長もご同席いただき、和やかに懇談も。全体的に高齢化している婦人部ですが、総会は子供づれの若い婦人部員さんも参加して、若さと・保育所・学校問題など切実な要望も出されていました。家族のこと商売のこと、なんでも相談しあえる婦人部活動をめざして、これからもがんばる決意を固めあい、グランドホテルのおいしい会席料理をいただき、ゆっくりと温泉にもつかり、日ごろの疲れをいやし英気を養いました。

メッセージやお祝い、ありがとうございました。

CIMG5623 婦人部.JPG
 

 

2009年10月30日

認めてください。私たちの働き分 全国の婦人が集まった。

CIMG5170 婦人.JPG