メイン

経営関係の活動記録

2014年3月27日

消費税増税、迫れば迫るほど「怒り・怒り」。

増税を前に、「買いだめ」など、ニュースで報道されていますが、個人の業者にとって「3月末は、消費税の納付期限です。」月末までに納める消費税は、分納しかない・・との相談も寄せられています。誰が税率アップを容認したのか?怒りは募るばかりです。増税反対の民商の署名は、どんどん寄せられ1500筆を超えています。4月の国会要請行動に「請願署名提出」で、国民の怒りの声を政府に突きつけたいと思っています。引き続き、世論を広げましょう。

 

2014年3月 6日

償却資産税・所得税確定申告について判らない・・と入会

1月末提出の償却資産税について、よくわからないので、まだ申告していない。また、所得税・消費税の申告も、「内装工事」をし直したので、ちょつと分かりづらい・・と、民商に来所。 知人から「税務署の横暴に闘える所が民商だ。」と聞いていたという事で、早速入会。

 税について、いろいろ調べている間が無く「アドバイス」を受けて、自分で申告したいという要望は、実現できそうと喜んでくれました。

トータル的に、商売の全般の相談を民商にお尋ねください。

17日までが、所得税の申告期限です。

2014年2月 9日

小法人 なり &法人の解散 など、ご相談は民商へ。

小法人の会員さんから「卸業ですが、売り上げも落ちる一方、年も年やし、会社閉めたい。」と相談があって、「解散の手続きへ」相談の解決向けて準備をすすめています。一方、元請けから「法人化してほしい。」と要望があって、法人化に向けて準備を進めている方など、相次いで相談が寄せられています。会社起こすにも、閉めるにも「法人登記の処理」やそれに伴う「税法上の処理」など各種手続きが、山積みです。分からない事は、民商のなんでも相談会にお越しください。

2013年7月12日

知事を変えようと対話しながら。

建築関係も『アベノミクス』で良くならない。

政治を変えて、仕事を確保したい・・・エクステリアの仕事です。鹿の子台にて。

2012年12月23日

美人親子で、くしカツ からく(飲食店)やっています。 

CIMG9122.JPG鈴蘭台南町保育所近くで、くしカツ・居酒屋やっています。

美人親子で有名です。味美・愛想よし、一度お越しください。

 

民商会員暦40年以上 クリーニング店 みつわ

CIMG9091.JPG親の代からのクリーニング店

次々、廃業のこの業界で、頑張っています。

鈴蘭台南町保育所となりです。

ぜひ、来てください。待っています。

2012年10月10日

ジャガー 喫茶店 新規に始めました。

お店紹介 山の街支部 大倉さん親子 ℡595-4660 北鈴駅近くで ㊤写真

喫茶店・ジャガー

親子で、北鈴駅近くで『café JAGUAR』を始めました。若々しく、新鮮味ある雰囲気のカフェーで、常連客も多々。地域の憩いの場として『コミュニケーション大事に。』をモットーにしているようです。手製のカレーセット、食べて満足。食後のコーヒーも格別。一度いらっしゃってください。

2012年8月30日

人と人の繋がり生かして、商売繁盛。

商売は『人と人とのつながり生かして。人間関係大事に。』をモットーに。相生ランチ(仕出し・弁当屋)二郎にて ℡ 982-8079 

2012夏、暑い中でも売り上げを順調に伸ばしています。野球の球団の食事など、手広く顧客を増やし続けています。世の中、厳しいとマイナス面を、こんなときは、頑張ろうと『プラス思考全開に。』家内労働と兄弟の絆強く、一家でがんばっています。お母さんの代からの弁当家業で、お母さん、今でも現役で頑張っています。

2012年8月23日

おいしいラーメンいかが? 喜多喜多ラーメン 神戸市北区

CIMG5238.JPG

会員さんお店 紹介/喜多喜多ラーメンさん

惣山町・社保病院前 松原さん℡592-5900

自家製麺・手作りスープ味で勝負。また、以前からの中華料理の店を営んでいた当時の自慢料理も披露してくれます。夏の冷麺・ジャージャー麺など季節の特性も発揮して頑張っています。病院の関係者も多くお客さんとして定着。ぜひ、一度『とんこつラーメン』などご賞味ください。

2012年4月26日

新規開業で、民商に入会

CIMG4888.JPG新規に『飲食店始めました。』開業したばかりで、申告など心配・・と、民商に入会してくれました。

美人親子のお店です。

おいしい・安い・愛想いい・・、と好評です。

鈴蘭台駅近くです。

新会員さん、歓迎会開催 4月21日

DSC02988.JPG

4月21日、この一年の入会者の方をご案内した『歓迎会』を開催しました。イタリア料理を食べながら何故民商に入ったかを語ってもらいました。税務調査のため。新規に開業して記帳など困った。法人で税理士にかかっていたが、止めて民商に。弟が民商に入ったので、異業種との交流など願って入会。こもごも入会したいきさつ・思いなど交流しあえました。若者席・中高年席と、思いのたけを交流しあえてよかったとの感想も。迎える側も『民商について、もっともっと知っていただきたい。』と参加者に民商の基本方向とようこそ民商へ・本を手渡しました。

2012年2月19日

厳しい、仕事の実態、あらわ・・申告相談会

CIMG8537.JPG鈴東支部の申告会は、集会所で開催。

2月の寒さと、仕事の寒々とした実態を交流しあいました。

一方、売り上げが上がった船舶関係の業者も。でも、利益確保は難しい・・と。

2012年2月15日

パソコン記帳・ラクラク簡単。

CIMG8525.JPG確定申告前にして、『記帳会』始まっています。

パソコンを使った記帳は、ラクラク簡単です。

初心者でも、オッケー。いいよ・・と好評。

自分の商売は、自分で把握する・・大事なことです。

2月15日 民商事務所にて。

2012年1月19日

北区2012年 新年会で、市長に『業者の声を要望』

CIMG8423.JPG2012年北区の新年会で、神戸市長に『業者の願いを実現して』と要望しました。北民商の伊東会長らは、市長に神戸市の仕事を業者に回して、と願いを届けました。

2011年10月 6日

班会を開いて、『商売のこと、健康のこと』気遣う民商活動行っています。

CIMG4191.JPG広陵支部の美容院をお借りしての班会です。

健診をしていない、気になる『大腸がんチェック』やりたい。と議論しました。

医療生協の森さんも参加し、医療の現状を報告してくれました。

2010年2月26日

事業の発展を願って、(新しい発想を求めて)民商へ入会

厳しい不況の中、従来と違う発想の転換が、今商売に求められているのではないでしょうか。

いままでの本業に加えて、「違う業」への進出や工夫など、商売のヒントを求めている方は多いと思います。

そんな、願いにこたえることができる民商は、多業種の商売人の集まり・・・という点です。

新規の事業展開には、知恵と体力・資金力が必要です。そんなニーズを相談していたたける所が民商です。

二月に入ってからも、新たな店舗を作るために資金を申し込みたい。

建設業許可を取りたいと大工工事業の男性。

法人を閉めて、個人で自主申告したい。

確定申告で「簡単記帳」を学びたい。

不動産の確定申告で悩んでいる。など入会者が相次いでいます。

ぜひ、なんでもご相談ください。

  電話592  0308です。 お待ちしています。

 

2010年2月17日

民商には、多様な業種の会員さんがいます。なんでも相談できます。

CIMG6449 魚.JPG民商の特徴は、多業種の集まりということです。町の魚屋さん

町のうどん屋さん

町のスナック

建築店様々です。だから、何でも対応できるんです。

2009年12月 1日

労働保険・労災や雇用保険のことなら、民商へ。

1、人を雇ったら、雇用保険に入らないと・・・、どうすればと悩んでいる方。 2、元請けから、事業主の労災(特別加入)に入ることが仕事発注の条件と言われて、困っている方。3、雇用したら受けられる「助成金制度」いろいろあるらしい。教えてほしい。

など、労災や雇用保険など、手続きのことは、神戸北民商労働保険事務組合へ。

特別加入・事業主の労災は、事務組合しか入れません。

雇用で困っていること・なんでもご相談ください。

 

2009年11月22日

統一行動で、北区の商売人さんと対話

11月22日 「中小業者の支援を」という国会への要請署名を持って、「北区の店舗訪問」で、商売の状況など聞いて回りました。

山の街の店舗でも、大型店ばかりはやって、小型店舗はみんな苦戦している。景気が悪いので仕方ないのか・・・と署名に応じてもいました。鈴蘭台で今年店舗を開いたばかりの青年は、睡眠時間も数時間でやっている。体との勝負と日曜でも仕事をしていました。業者の実態は、深刻です。打開向けた「支援策の充実」を国に求めましょう。

 署名にご協力お願いします。

 

2009年11月 3日

第16回中小商工業全国交流・研究集会 

DSCN1550.JPG11月1日日曜日に龍谷大学大宮キャンパス内で行われた第16回中小商工業全国交流・研究集会第16分科会「HPの活用と中小企業経営」の分科会の様子です。講師にはNo1戦略コンサルタントの佐藤元相先生が公演され、IT活用について、中小業者がどうHPなどを利用し、売り上げアップに効果的に活用していくか、実践例を報告しなが中小業者がIT活用について学びあいました。

 民商ではこのように、日々の経営についても仲間同士で学びあい、経験を交流しながら、この困難な情勢でも経営を発展させる知恵を勉強しています。

第16回全国商工交流・研究集会で不況打開の道探る

CIMG5344 商工.JPG全国商工交流会へ、神戸北民商から5名が参加しました。

商売をしている会員さんは、『どうやれば、商売を継続できるか。厳しい状況をどう打開すればいいのか。ヒント・アドバイスや知恵がほしい。』という中小業者・労働者・地方議員や学者の先生らが、京都に集まり、発展方向を熱く語り合いました。集会には西陣織など地元伝統産業含め9つの業界団体も後援。全体会の岡田京都大学の教授は、『地域経済で多数を占める中小業者が地域の再生に立ち上がろう。』と呼びかけました。北民商から5名が参加。一日目の『極める・技能-商売』パネルディスカッションでは、鈴東支部のタイル製造業のパワーエレメントの川島さんが、堂々と自らの開発経験を語りました。時代の変化に対応する創意と工夫、自らの商売を見直し、経営を極める心意気を強調。また異業種交流・ネットワークの大切さも強調されました。

舞妓さんと一緒に写真を撮った小西さん・野村さんも参加して、上機嫌。商売の基本を考え直してみたいと感想。3日通して参加した小西さんは、京都の職人技でじゅず作りなど体感し、極めを今後に生かす決意も。全商連・民商はすばらしい。中小業者は社会・地域の宝・・・と実感した3日間でした。