メイン

融資関係の活動記録

2014年1月31日

金融相談は、民商で。

公的融資を活用し、経営を守ろう

北鈴支部 Mさん 建築関係

 

 建設業許可をとり、商売を計画的に伸ばしたいと意欲的。ただ資金の確保が困難で、民商に相談し、運転資金を神戸市の制度融資活用で300万円借りれました。

広陵支部・建築資材販売の男性

 

民商と相談して『仕入れに必要な資金200万円』を信用保証協会に申し込んで、三週間で実行になりました。

 

北鈴支部・飲食店経営

人を雇うことや、まとまって仕入れをしたいと、運転資金で100万円申し込み、年末の融資実行になりました。帳簿など民商と相談して審査に臨みました。安堵の様子でした。

2012年12月23日

融資について 実績紹介シマス。2012年

190 2月28日 協会 有野 古物 応援 6,000,000 3/9面談 だめ。残債あり。 ×  
191 3月19日 協会 鈴東 飲食 応援 2,000,000 3/26面談○ 1,000,000
192 3月24日 協会 大池 コーキナグ 応援 2,000,000 4/2面談○ 2,000,000
193 4月3日 協会 山の街 造園 応援 2,000,000 4/20審査予定 2,000,000
194 4月17日 協会 有野 ハウスクリーン 応援 1,200,000 4/18提出 やめた。  
195 4月23日 協会 有野 自動車販売 応援 5,000,000      
196 4月27日 協会 鈴東 飲食 応援 5,000,000 5/1 5/25◎ 5,000,000
197 5月22日 協会 区外 飲食 応援 1,500,000 5/23 5/30面談 減額で○  1,000,000
198 5月9日 協会 西1 配管 応援 2,000,000 5/9 5/17面談 6月○ 2,000,000
199 5月25日 協会 北鈴 内装 応援 2,000,000 6/13審査 1/2に減額 1,000,000
200 5月26日 協会 山の街 飲食 応援 3,500,000 5/29 6/8審査 6/20○ 3,500,000
201 6月20日 協会 西2 内装 応援 4,000,000 6/21 8/14銀行○ 4,000,000
202 6月21日 協会 鈴東 清掃 応援 2,000,000 6/22 6/27車購入 2,000,000
203 6月12日 協会 広陵 防水 応援 5,000,000 6/12 7/6 400万○ 4,000,000
204 7月10日 協会 北鈴 花販売 応援 2,000,000 8/2審査 車購入 8月末○ 2,000,000
205 8月10日 協会 広陵 建設 応援 4,000,000 銀行に寝かされていた。8/23○ 4,000,000
206 8月24日 協会 西2 水道工事 応援 1,000,000 10/2○ 1,000,000

2011年10月30日

10・27中小業者 決起大会/日本政策金融公庫との交渉展開

DSC02520.JPG業者にとって、身近な金融機関であって欲しいと要望と懇談をしました。10月27日、神戸支店の方は『いろいろスピーディーな融資実行に努力している。神戸経済の活性化の一助にと努力しています。』と回答。しかし、現実の壁/申し込んでもゼロ回答・減額など、『困難事例』を懇談の中で提案し、もっと、零細業者資金繰りの良好化むけて、ご努力をと要望しました。

写真・中央 県連村上副会長

2011年10月 6日

融資相談、続いています。困難事例も。

今年に入っても、融資相談は続いています。

特徴は、運転資金の申し込みが多いこと。日本政策金融公庫の壁があついこと。新規に慎重だという傾向が見られます。

神戸市の融資制度を活用すれば、『500万円まで、保証料負担ゼロ』という、手軽さで『応援融資活用』が、増えています。

こんな、状況で借りれるかという不安のある方、ぜひ民商へご相談ください。℡592-0308

7月4日 協会 飲食 応援 1,000,000 7/10収支を出して◎ 1,000,000
7月14日 協会 鉄工 応援 1,000,000 2011/8/2審査 ◎ 1,000,000
7月15日 協会 道路工事 応援 3,000,000 8/9審査 ◎ 3,000,000
8月1日 協会 牛乳 応援 1,000,000 8/2審査 申告してから ×  
8月20日 協会 美容 応援 2,000,000 8/26審査 検討中 儀兄残債 ×  
9月7日 コッキン 卸/デンキ   5,000,000 9/16審査 9*27だめ ×  
9月13日 協会 建築 応援 5,000,000 9/末300万 3,000,000
9月16日 協会 ブティック 応援 2,000,000 審査中。    
9月16日 協会 塗装 応援 3,000,000      
9月21日 協会 建築 応援 373万円 150万車輌/223万円既貸貸付    
9月21日 コッキン 牛乳   1,500,000 10/3審査    
9月21日 コッキン 建築   2,000,000 10/4審査    

2011年5月 1日

「震災後の自粛、ぶっ飛ばし、業者の営業まもれ」と、親睦会/有野支部

CIMG3867.JPG「震災後自粛ムード」漂う中、元気になって「商売続けよう」と、親睦会を開催して、「融資・資金繰り」「税の滞納の悩み」など、出し合って励ましあいました。知恵は仲間の輪の中にあると、実感しあいました。

 有野のかぎろひ 日本料理店にて 4月 28日開催

2010年9月16日

起業を応援します。民商へ 女性だけでなく、男性の方も、どうぞ。

SKMBT_C20310091614250.JPG

2010年3月16日

融資のご相談は、今がチャンスです。

平成21年分の確定申告が終わって、融資の申し込みをするなら、今がチャンスです。

昨年の収支の計算を基に、融資申し込みをするなら、今がチャンスです。

商売の運転資金や設備に必要な資金の確保は、商売繁盛の基本です。

潤滑油を確保し、さらなる業の発展を追求しあう、民商の相談会にぜひ、お越しください。

昨年から北民商の申し込み者の7割は資金確保できています。

一人で悩まず、ご相談ください。

 

 

2010年2月17日

確定申告提出ちょっと待った‼

 確定申告の提出が始まりました。確定申告は業者にとって、申告以外にも非常に重要です。

まず、融資です。確定申告の内容によって融資が受けられないなんて例もあります。

提出前に特に融資関係で悩みがある方は、すぐに民商にご相談ください。

 

2010年2月 7日

赤字だから安心!?

世界的な不況で、昨年の売り上げが激減。赤字だから安心という業者の声もよく聞きます。

しかし、帳簿をもう一度確認してください。資金が残っていないからなどで赤字とは限りません。

帳簿を再度確認してみましょう。

また、融資などをお考えの場合は、特に注意が必要です。

税についての悩みや融資についての悩みはお気軽に神戸北民商までご相談ください。

 

2010年2月 1日

税金のことなどで、民商に入会 1月は4名。

税金のことだげてなく融資の相談も含めて、入会相談が相次いでいます。中里町の電気工事業の男性は、1月末に「縦看板を見たことと、知人から民商がいいとすすめられて。」と来所されて、入会してくれています。

 今まで申告していたが、白と青の申告の違いなど、わからない。青の取りやめは今からでも可能かなど、疑問を。申告する上でなんでも相談できる民商の魅力を伝え、元気にご一緒に商売をやっていくうえで、いろいろサポートできる民商の魅力に「入会しよう」と、決意をしてくれました。税や融資・暮らしのこと、なんでも、民商は会員の仲間の輪で支えあっています。

 

2009年12月18日

生活福祉資金(2例目)結果

中小業者がこの生活福祉資金を利用する為には、いろいろと条件があります。今回のIさんのケースでは、現金商売で売り上げの確認が帳面ののみであることで担当者も「あまりないケースなので、県の社協に聞いてみる」とのことでやり取りとなりました。結果は当年直近三カ月の現金出納帳と二年分の確定申告書の提出ということになりました。

 さらに「失業者など収入確保で生活を立て直すことを主旨としているのでハローワークにて求職届もらってもらわないといけない」といわれ、Iさんは「商売は続けながら、立て直したい」と反論しました。担当者は「その書類がないと受付できない」のでということになり、ハローワークへいくことになりました。

 その後、十一月三十日に申し込みを完了し二十万円×六ヶ月の「生活支援費」の申し込みを行い、結果を待ちました。十二月六日に書面にて返答があり、四万円×六ヶ月の資金が決定されました。Iさんは「もっと資金を増やしてほしい。また、返済が二年となっているがもう少し長くしてほしい」と県社協に電話しました。県社協の担当者は「これで決定したので変更はできません。またた返済についても毎月の返済は一万円以下にならない返済と決まっていますので」との返答となりました。

 Iさんは「借り入れがだめかと思う気持ちも大きかったので、ひとまずはよかった気持ちもあります。しかし、もう少し借り入れ金額を増やしてほしかった」との感想を語っています。
 

2009年12月17日

融資の年内解決は、いまが本番です。

12月の資金需要は、零細業者にとっては、命綱です。

資金確保は、いろいろな知恵と実績を誇る民商にご相談ください。

年末は、駆け込み融資も多い月ですが、スムーズな審査と融資実行で、安心して新年を迎えられるように「私でも借りれるでしょうか」「いろいろ他の負債もあるけれど」とお悩みの方、一度民商へご相談ください。

 

2009年12月12日

神戸市の融資の窓口・受付に難題つける。年末、機敏に対処をと要望。

神戸市の融資の窓口(産業振興センターの中の商工会議所の融資窓口)では、申し込み用紙と添付資料をいろいろ持っていっても「あれがない。これがない。」といって、突き返されるケースが多くこの間出ています。

 法人の事業主で「三月末決算」の場合、四月からの試算表を持ってこないと受け付けられないと拒否されています。従来なら「保証協会との審査で提示」するくらいで、あえて窓口では、義務付けはありませんでした。

窓口の受付の簡素化(審査時で間に合うものなら簡略化する)ことは、当然です。民商では、「緊急保証制度の融資」の名の通り、緊急に必要とされる資金需要にこたえるためにも、「とにかく、受け付けは、機敏に」という立場で、問題点を神戸市に対して要望しています。

 融資のことで、「困っている」「知恵はないか」など、なんでも結構です。

お気軽に、ご相談ください。電話592- 0308

 

2009年11月27日

生活福祉資金 (2例目)

 サービス業を夫婦で営んでいる会員のIさん

4月に奥さんが骨折し、2か月入院。

夫は妻の入院生活もあり、開店休業状態。

生活もままならない状況となりました。

無年金でしかも、公的融資を3月に受けたばかりでどうしようとのことで相談にきました。

そこで、生活福祉資金の申し込みをすることになり、北区役所の社会福祉協議会窓口で相談。

現金商売なので、収入を確認することが難しいので、添付書類なども帳面などが必要となり

整理して、再度申込することになりましたが、本人は

「なんとか借り入れして、生活を立て直したい」

となんとしても資金確保にがんばる決意です

2009年11月22日

兵庫県信用保証協会との交渉

CIMG00031.jpg

 11月17日兵庫県中小業者決起集会が行われ、午前中の行動として、各中小業者関連機関、県、市にたいして交渉を行いました。

神戸北民商も代表者4名が各部署への交渉を行いました。その交渉先の一個所である兵庫県信用保証協会への交渉に神戸北民商も代表が参加し、交渉に臨みました。

交渉に際し、前もって要望書を提出し、要望書に書かれた項目に対し、回答するという手順で交渉が行われました。要望は以下の通りです

 

  1. 緊急保障制度の保証審査・判断について趣旨を踏まえ、金融機関主導にならないようにし、積極的な与信をしていただくこと。
  2. 「債務償還可能性」の判断についても、現下の厳しい経済情勢を踏まえた中小業者への配慮ある保証判断となるよう、徹底していただくこと。
  3. 現下の厳しい景況の実態を踏まえ、既往債務の返済猶予、条件緩和などにも柔軟な対応を心がけ、中小企業金融の円滑化へ公的保証の役割を発揮していただくこと。
  4. 「税金の滞納」などの中小業者についても、分納約束を履行して実行している場合には対象外とするなど、柔軟に対応していただくこと。
  5. 金融機関に「緊急保障」つきなど、セーフティネット保証の案件で、貸し渋りが起きないよう要請していただくこと。
  6. 信用保証委託申込者に対し、審査結果についての結論だけでなく、どのような案件が満たされれば、保証が可能か」について、親身・親切な説明をおこなうこと。
  7. 年末を迎えて、特にスピード感のある対応に努めること。

以上の7項目を要望しました。

保証協会とも交渉し、中小業者の実情を訴える運動にも積極的に取り組んでいます。

2009年11月21日

兵庫県 地域金融課と交渉 11/17日

CIMG5531 交渉.JPG11月17日 、兵庫県商工団体連合会は、一斉に『兵庫県』との団体交渉を繰り広げました。神戸北民商からも、各部局の要望にもとづく交渉を行いました。

 『地域金融課』との交渉では、産業振興局 経営商業課安部主幹 地域金融室長の景井さんが、対応。資金繰りの充実のための実行状況など尋ねました。『融資の承諾率は94パーセント』と回答。零細業者の実感は、もっと低い。なかなか資金繰りも困難と実情を話し合いました。銀行含めて、資金需要に、機敏に対応するシステムを要望しました。また、経営の維持発展のための直接支援は、ますます重要とのこちらの要望に、県としても全力挙げたい・・と回答。地域の業者は、主人公という位置づけにふさわしい、県の施策を求めて終了しました。

2009年11月12日

年度内に2回目の融資実行

神戸北民商の建設関連業者の会員の相談

「4月に神戸市の中小企業融資制度で融資を受けたが、年末年始に資金繰りが苦しい。今年2回目の融資を受けたいが、1回目に融資を受けてから期間があまりあいていないので融資実行されるか心配」との相談が寄せられました。

それでも資金は必要だから不安の中すぐさま、融資を申し込みを行いました。

約2週間で融資実行。「1回目は時間がかかったのに2回目は早くて助かった。これで年末の資金繰りも安心できる」

年末年始の資金需要は中小業者にとっても大変不安です。資金繰りの相談は神戸北民商へ

11月21日22日のなんでも相談会では融資の相談もお待ちしています。お気軽にご連絡ください。

生活福祉資金 続報

先日、生活福祉資金を申し込んでいた会員さんが無事、生活福祉資金の借り入れの許可がおりました。

「これで、なんとか生活を立て直せる」と会員さんもまずは安心

約2週間で資金の決定が下り、生活再建への一歩を踏み出せそうです。

 

2009年11月 4日

生活福祉資金

 民商会員さんからの相談

保証協会、国民政策金融公庫で融資を申し込んだが、2つとも断られた。

元請先からも入金が遅れ遅れ、生活費もままならない。どうしよう・・・。

そこで兵庫県社会福祉協議会が行っている生活福祉資金・総合支援資金の申し込みをすることになりました。

総合支援資金とは、

失業者等、日常生活全般に困難を抱えており、生活の立て直しのために継続的な相談支援(就労支援、家計指導等)と生活費及び一時的な資金を必要とし、貸付けを行うことにより自立が見込まれる世帯を支援することを目的としています。

(社会法人 兵庫県福祉協議会のしおりより)

この制度は中小業者でも申し込めます。ご相談は神戸北民商へどうぞ